ネットで購入できる便利保存食

災害時の食料を確保する

今のうちに備えておこう

災害時は買い物に行けないだけでなく、電気やガス、水道が止まる可能性があります。 そのような時でも食べられるものを、非常食として用意しなければいけません。 缶詰だったら、フタを開けるだけで食べられるのでおすすめです。 賞味期限も長く、非常食に最適でしょう。

そのまま食べられる手軽さ

災害が起こった時は、物資が途絶えるかもしれません。
すると近所のスーパーにもコンビニにも買いに行けないので、非常食を用意しなければいけません。
いつ災害が起こっても良いように、前もって用意しておきましょう。
缶詰があると、非常食になるので便利です。
今はカレーや焼き鳥など様々な缶詰がありますし、温めなくても食べられる面がメリットですね。
災害の影響で電気やガスが使えないことも考えられるので、そのまま食べられる缶詰がおすすめです。

水も非常食になるので、ペットボトルを常に用意しておきましょう。
災害時のための備えは、最低でも3日分があれば良いと言われています。
しかし水は飲み水になるだけでなく、手を洗ったりする時にも使うので、用意できれば多めでも構いません。
大型のペットボトルを何本もスーパーで買うと持って帰る時が大変になりますが、通販だったら届けてくれるので、自分の負担になることはありません。

クッキーやビスケットなどのお菓子も、実は非常食として活用できます。
災害時には心細くなりますが、甘いお菓子があれば少し心も落ち着くでしょう。
不安がっている子供に与えることもできるので、お菓子も用意してください。
クッキーやビスケットだったら賞味期限が長いので、事前に買っておくこともでき非常食に向いています。
小分けになっているお菓子だと、食べたい分だけ出せるので便利です。
どんな非常食が必要なのか考えて、準備を進めましょう。

飲み水を確保するために

食料だけあっても、まだ足りません。 水も必要なので、ペットボトルで購入してください。 ミネラルウォーターがあれば、水道が止まった時でも安心できますね。 大型のペットボトルは重いので、買って帰るのが大変でしょう。 ネットを使って、届けてもらってください。

安心感を得るために必要

お菓子も、非常食に含めてください。 普段食べているお菓子があることで、災害時でも心が落ち着きます。 急に災害が起こるとパニックになったり不安になったりしてしまいますが、すぐ冷静になることで正しく判断できます。 またお菓子があれば、子供も安心するでしょう。

TOPへ戻る