災害時の食料を確保する

>

今のうちに備えておこう

おすすめの非常食

缶詰は、手軽に食べられるので非常食に向いています。
災害が起こった時のために、前もって準備しておきましょう。
レトルトカレーやインスタントラーメンなどを用意する人も見られますが、それらは電気やガス、水道を使わなければいけません。
災害の影響でライフラインが途絶えた時でも、安心して食べられる缶詰は絶対に必要です。

ネットだとまとめて購入できるので、家族の人数分を確保しましょう。
いつ災害が起こるかわからないので、早めに用意することが大切です。
後で良いと思っていると、急に災害が訪れた時に困ります。
買い物に行けなかったり物資が途絶えたりする期間が、長く続くかもしれません。
その時のために、いくつかの缶詰を準備しておきましょう。

種類が豊富な缶詰

今は魚の煮ものや焼き鳥など、様々なおかずが入った缶詰が販売されています。
種類の異なる缶詰を用意しておけば、災害が長引いた場合でも飽きずに食べられるでしょう。
カレーやの缶詰もあるので、子供も喜びます。
近所のスーパーでは、珍しい種類の缶詰は売っていないかもしれません。
しかしネットだったらもっと種類が豊富なので、好きなものを買えます。

ただ缶詰の賞味期限は長いといっても、ずっと保管しているといつの間にか過ぎてしまうので気を付けましょう。
定期的に缶詰の賞味期限が過ぎていないか、チェックしてください。
過ぎようとしているなら、その時に食べて新しいものを買いましょう。
日頃から缶詰を食べて、味に慣れるのが良い方法です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る